リトルコリア

雑誌の取材で東京の”コリアンタウン"訪問。おいしい焼肉を食べにいくお気軽な企画ですが。

コリアンタウンといってもどこも小さな一角にお店があるだけというケースが多い。


新大久保をコリアンタウンというならたしかに大きいけれど、実態はコリアンタウンという大規模なテーマパークのようでちょっと違うかも。


枝川が本格的なコリアンタウンとして有名でしたが、いまは昔の話になってしまっているようです。いまぼくたちが「コリアンタウン」などと気軽に呼んでいるのは飲食店の集合体のことです。

三河島で済州島のひとたちが開いたマーケットにも、いまや3軒ぐらいしか残っていません。(ただしネギのキムチとか済州島のひとが好きという珍しいものがある)。

やたらおいしそうです。暑い日だったため買い込めなかったのが無念。

数でなく質だという点においてはここはいいかんじです。豚肉もおいしそうだし、みなが豚足やハチノスを買いにきています。


「日本人だけれどここ(上野肉店)の豚足、煮やせしないしとてもおいしいのでハマっちゃって。よく買いにくるわ」なんていうオバチャンもいました。


ようするに日本人とか韓国人とか関係ないのが現在。あえて区別しようとしたのが韓流でうるおっている新大久保。それが今っぽくておもしろい状況です。




ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。