カレラカップ取材

ポルシェ・カレラカップ・ジャパンの第4戦@FISCOに取材。

欧州のようなからっとした好天と

スーパーGT選手権の前座ということもあり

大入り満員というかんじのレース場。

こんな活況ひさしぶりに見ました。

スーパーGTは人気だそうです。

カレラカップは本国ドイツで1990年にスタート。

専用の車両(カップカーと通称されます)を使い

イコールコンディションでのレース。

途中いろいろなメーカーが同様のワンメイクレースを開催したものの

いまも続いているのはカレラカップだけ。

「やめない」とポルシェでは宣言しているそうです。

会社経営者など富裕層のレースでもあり

アマチュアのクラブレースですが

けっこう派手なひともいて(上の画像)

盛り上がっていました。

レースはドイツから参戦しているハンブレヒト選手が

3日の第3戦と続けて優勝。

ポルシェジャパンもエラいなと感心するのは

スカラシッププログラムといって

有望な若手を参戦させていること。

車両もポルシェジャパンのものです。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。