アウディA7が新型になった

ドイツでアウディの新型A7スポーツバックがお披露目された。場所もユニーク。アウディが作ったばかりの新デザインセンター屋上の特設会場だった。

新型A7スポーツバックはファストバックスタイルは従来 のキープコンセプト。ただしルーフは低くなり、同時にベルトラインも下げられたようだ。

もうひとつ大きな特徴はランプにある。LEDとレザーライトを使ったもので縦線が基調となっている。

エクステリアはスタディモデルの「プロローグ」で初公開され、新型 A8において初めて生産モデルへ導入されたブランドの新しいデザイン言語を具現化したもの、とアウディ。

写真だとわかりにくいのだが側面のキャラクターラインも新しい。前後ホイールの上にすっすっと入り、もう1本が前後ドアのところに入っている。

初代クワトロのイメージもあるのだろう。ドイツのメーカーは理論的といわれるけれど、受け手としては解釈がむずかしいこともある。

新型A7スポーツバックに搭載されるすべてのエンジンに新開発のMHEVドライブシステムが搭載されるのも新しい。日本仕様は来年導入とのことではっきりとわからないが、2タイプのV6エンジンとの組み合わせでは48ボルトシステムで効率を高めているそうだ。

今回お披露目されたモデルは「A7 55 TFSI 3.0 V6 TFSI」と名づけられていた。見慣れない55とはアウディがこれから採用するエンジンに基づいたサブグレード表記だという。

55の場合は最高出力250 kW (340 hp) のモデルを意味していて、上に60があったりする。これから出てくるモデルにはみなこのコードシステムを導入すると、発表会で話をきいた技術開発担当のボードメンバー、ペーター・メルテンス取締役は教えてくれた。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。