BMW新型8シリーズが出た

11月9日にBMWの新型8シリーズが日本発売された。

従来の6シリーズに代わる大型スポーティクーペである。

私は6月のルマン24時間レースのときに実車を見ているが、乗ったのは10月下旬のポルトガルが初めてだった。

そのとき乗ったのは4.4リッターV8搭載のM850i xDrive(日本では1714万円)だ。

ラグジュリークーペという位置づけというが、このように試乗会の半分はエストリルサーキットで。

一般道では快適だったが、サーキットでは意外なほどよく走る。

電子デバイスの介入もけっこうあって、誰でも無理なく速く走れるかんじだ。

これはリスボン近郊の海岸線。

きれいな道で、私はかつて今の5シリーズの試乗会で走ったことがある。

リスボンならここでしょうと思っていたらちゃんと試乗コースに組み込まれていた。

このシフトレバーのノブが「ラグジュリークーペ」ならではかな。

面取りされたクリスタルである。

右どなりのロータリー式コントローラーもじつは上面の周囲がきらきらと面とりされている。

ライバルはアストンマーティンDB11とかジャガーFタイプだそうだ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。