350万円で買える「フェラーリ」

美術本で知られるドイツの「タッシェン」が「Ferrari」を出版した。

フェラーリのアーカイブにあったお宝写真やコレクター秘蔵の写真で構成した豪華な歴史本だ。

先日日本でも出版される機会をとられてお披露目が代官山のT-SITEで開催された。

上の写真は左はマレーネ・タッシェン、右はジョン・エルカン。

エルカンはフィアットのオーナーだったジャンニ・アニェッリの親族で、ウィキを引くと「富豪」と出てくる。

フェラーリのイベントで何度か会ったことがある。

この本は私は2017年にマラネロで開催されたフェラーリ70周年のイベントで初めて観たのだが、マネーネによると「あれは急いで作った中身のないドンガラ」だそうだ。

今回は中身が詰まっている。

日本でも販売されるのは「アートエディション」と「コレクターエディション」の2種類。

上はエグゾーストマニフォルドとパイプを模したスタンドつきのコレクターズエディション(350万円+税+送料)。

初めてみた内容はたしかに初めての写真ばかり。

とくに50年代60年代のレース関係の画像はすごい。

中身だけほしいひとはアートエディション(72万円+税)で、ということだ。

オマケでついてくる全戦歴も欲しい。

当日はタッシェン氏と、デザインを手がけたマーク・ニューソン氏にインタビュー。

の予定だったのだが、ニューソン氏大幅に遅れて聞けたのはわずかばかり。

その短いインタビューでニューソン氏は自分は54年の815Sを所有していると言っているのだが年代が合わない。

確認できないままお別れになってしまった。

本当のところはどうなんだろう。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。