竹富のソーキそば

先週は竹富島に取材で出かけていた。

そのことは追って、ただし、取材と関係ないけれど書きたいがこの「竹の子」のソーキそばについて。

ここは有名店なので朝食終わってすぐホテルで自転車を借りてでこぼこ道や上り坂であえぎながらも出かけていった。

実際においしい。

出汁がとてもいい。

でも私は愚かなのでついテーブルにあったこのお店のオリジナルという香辛料「ピィヤーシ」を振ってしまった。

ピィヤーシじたいは胡椒を中心にいろいろな香りが混ざっておいしいのだが、せっかくの風味を殺してしまった。

もったいなくて涙が出た。

もちろん最後まで汁は飲んだが、汁だけまた飲みたいものだ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。