ボルボの新しいセダン

東京・用賀でボルボカージャパンが2019年に日本導入予定という「S60」セダンのジャーナリスト向けお披露目を行った。

業界ではスニークプレビューといったりする。

2018年秋にステーションワゴンの「V60」は日本でも発売されていて、そのセダン版にあたる。

今回はなかでもパワフルなS60 T8(プラグインハイブリッド)のPolester Engineeredというハイチューンのモデルが展示された。

ポールスターはEVそれにボルボのハイブリッド車のチューンナップを手がけるボルボの子会社で、昨年ポールスター1というスポーティなEVクーペを発表している。

セダンは売れないといわれているけれど、ドイツのメルセデス、BMW、それにアウディではセダンが好調なのだそうだ。

そこに切り込んでいきたい、とはボルボの日本法人の広報担当者の弁である。

観たひとはみな「カッコいい」と言うモデルなので成功するのではないだろうか。

ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。