鳴門ではすだちというが

取材で徳島・鳴門を訪問した。

なかなかランチを食べる時間がなかった。

当初は「舩本うどん」というあちらでは有名なやわらかい独特の鳴門うどんの店にでも、と思っていたが、地元のラーメン屋「三八(さんぱ)」へ。

頼んだのは「阿波藍甕(あわあいがめ)ラーメン」である。

意外に高くてふつうのラーメンが630円のところ980円もする。

麺はやわらかめ(そういうのが好きらしい)。

酸味がけっこう立っている、独特の味である。

でも東京にはなさそうなので、旅感はひとしおだった。



ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。