なぜかいつもこれ

ランチでハンバーガーを食べることが多い。上はハイアットリージェンシー箱根のチーズハンバーガーだ。チップスもうまかった。肉の味がしっかりする。ナイフで切ったら肉汁があふれてきて手に負えなくなった。

上は六本木「ザカウンター」のもの。パテやバンズを含めてなにを入れるか、自分でオーダーする。私はたいていアメリカンプロセスチーズと、レタスとトマトとオニオンとピクルスと王道のオーダーなのだが、今ひとつここのは満足がいかない。量も問題なのかもしれない。たとえばオニオンとレタスが足りない。


これはウェンディーズでもっともオーソドクスなバーガー。上の二つとは価格的に大きな開きがある。バンズが主張していないのは好感がもてるが、パテに味がなさすぎる。ま、しようがないか。本来、バーガーがパテを楽しむためのものなので、パテがおいしくないと、しようがないのだけれど、望みすぎかな。

ハイアットリージェンシー箱根とウェンディーズメガウェブ店で仕事の前後で。手にバーガー独特の匂いがつくので、インタビュー中とかつい指のにおいを嗅いでしまう。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。