近所にあってよかった

テイクアウトが4月から5月にかけての”常態”になった感がある。そこでありがたくお世話になったのが、深沢の「東京夜市(とうきょうよいち)」だ。

GQ編集部のガッキーこと稲垣くんに教えてもらっていらい、わが家では大ファンなのだ。

上はスペシャルな盛り合わせ。

プロシュット、鴨、アワビ、クラゲ、干豆腐と、私の好みのものが揃っている。

時々、ここのオーナーシェフの平野さんはカレーサービスというのをやってくれる。

容器を持っていくと、なんと無料でカレーソースをくれるのだ。

何度もお世話になってしまった。

ただそれだけではなんなので、ついでにミートボールだったり、焼売だったり、好きなものを買わせてもらっている。

ただ「これだけ暑くなってくるともはや食中毒の危険ありますね」と平野さんは、そろそろテイクアウトがやっていられないと危惧を口にする。

何人かの料理人の知り合いが同様のことを言う。

この問題も大きくなりそうだ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。