伊ではモンテビアンコという

モンブランのイタリア側(伊語でモンテビアンコ=おんなじ意味ですね)を訪れています。ここはりっぱなケーブルカーがあって3500メートルまで(いちど乗り換えながら)上がっていきます。夏だろうと思っていたら上には雪が!

おもしろいのは車両(ケーブル”カー”ですから)のデザイン。円筒形をしています。理由は乗ったひとが公平に景色を楽しめるように。

床がゆっくりとですが一回転します。中央部分にはつり革も。手すりはスキーも運べるデザインになっています。インフラが豊かなかんじです。のぼりを立てたおみやげもの屋も(季節はずれの今だから?)ないし。

上のほうはこんなかんじで”あの上に自分が立ったら”と考えると頭がくらくらしてきます。のぼっているときは(トップの画像のように)晴れていましたがみるみる霧にあたりが覆われ、またしばらくすると晴れてきます。つまり霧というより雲のなかにいるわけですな。

で、最後は階段でえっちらおっちら観光用の塔の屋上まで上がります。すべてが小さく見えてとてもいいかんじです。そこにはこのクルマが……!メルセデスベンツが発表したばかりのEクラスカブリオレです。ヘリコプターで運んできたそうです。じつはこのクルマの取材でジュネーブからシャモニックスのスキーリゾートを走っています。


http://www.montebianco.com/en/


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。