NYCでキャデラック

ニューヨークでキャデラックのコンパクトSUV、XT4の発表会へ。

全長4.6メートルの車体に2リッターエンジン搭載という、まさにトレンドど真ん中のモデル。

発表会はソーホー地区のキャデラックハウスで。右はヨハン・ダ・ネイシン社長。これからキャデラックはユーザーの若返りをはかっていく、とスピーチ。

このクルマは太陽の下で見たことはまだないけれど、日本でも売れそうだ。純粋にキャデラック製のプレミアムSUV。大味なところはおそらくほかのモデルからしても皆無だろう。

キャデラックはいま中国が第二の市場で、これからも成長が見込める、とダ・ネイシン社長は語っていたが、まさに次の日にトランプ大統領が対中貿易関税の大幅引き上げを発表。

報復措置として中国が上げた品目のなかには自動車も入っていたし、マテリアルの面でも中国から思うように入ってこなくなって生産に影響するものが出てくるかもしれない。

たいへんな時代である。


いっぽうでニューヨークは相変わらずというか味がある街で、街ごとに表情がちがうのがいい。個人的にはビレッジとかが落ち着く。

東京でそんなふうに街ごとの違いを語るのは難しくなってしまった。それは哀しいことだ。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。