ホテルの朝食

UOMO7月号でホテルの朝食というテーマで取材をした。

うえはHOTEL KOE TOKYOというパルコパート2の跡地に出来たホテルの朝食。

スキレットで作る目玉焼きである(見ればわかりますね)

ぼくは目玉焼きが好きで外国ではよく注文するのだが、そのときのオーダーはつねに「黄身はやわらかく」

くずして白身を黄身でまぶして食べるのが好きなのだ。

あいにくこちらはあっというまに黄身が固まってしまう。

なにか主張があればいいのだけれどね。

卵への火入れは目玉焼きにかぎらずゆで卵、オムレツ、スクランブルドエッグと、どれも非常に個人の好みが強く出るもの。

そこにどう対応するか。

じつは深い課題なのである。

ちなみに僕の好みはオムレツは中身トロトロ、ゆで卵もしかり。


ogawa fumio HP

小川フミオのホームページ フリーランスのライフスタイルジャーナリスト。 クルマ、グルメ、ファッション(ときどき)、多分野のプロダクト、人物インタビューなど さまざまなジャンルを手がける。 編集とライティングともに得意分野で企業の仕事もときどき。 ライフスタイル系媒体を中心に 紙とウェブともに寄稿中。